G34 HW
KSC

2008/12/25

KSC G34 グロック34 ブローバックガスガン ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   223mm

重量   850g

装弾数  23発

価格   18,900円 (税込み)
年間限定生産品を除けば、KSC製G34は、素材の違いで
三種類があります。
ABSモデルに、スライドのみHW、そして今回のスライドと
フレームどちらもヘビーウエイト材のモデル。
まあ、オールヘビーウエイトと言っても、重量にして
ABSモデルと比べて、180gほどアップ。極端に重いと
いう感じではありませんが、G18等のABSモデルと
持ち比べてみれば、確かにズッシリとしています。
KSC G34 グロック34 ブローバックガスガン
KSC G34 グロック34 ブローバックガスガン さすがに、ヘビーウエイト・スライドの質感は、金属っぽく
重さと相まって、構えた時の満足感は、高いです。
スライドを引いて、初弾を装てんする時の感触も
ABSモデルより、ガッチリしていて良いですねー。
フレームには、しっかりアンダーマウントレイルが
装備されています。

銃身は、G17より21mm長くて、集弾性は、良さそうです。
スラリと伸びたスライドは、優等生っぽいですね。
艶が無く、ひんやりとしたヘビーウエイトのフレームと
相まって、落ち着いたイメージです。
KSC G34 グロック34 ブローバックガスガン
KSC G34 グロック34 ブローバックガスガン スライド上部に開けられた穴。特にG34は、ポッカリと
大きく開けられていますが、ホコリ等が
溜まりやすくて、私は、どうもねー。
分解して掃除しないと、綺麗に拭き取れませんし。
かなり飛び出した感じの、ロングマガジンキャッチ。
ノーマルと形状の違うエクステンデットスライドストップ。
どちらも使い易く、玄人好みのパーツです。
KSC G34 グロック34 ブローバックガスガン
KSC G34 グロック34 ブローバックガスガン リアサイトも、アジャスタブルタイプに変更されていて
グロックシリーズの中でも、もっとも高機能な銃に
仕上がっています。
マガジンは、G17やG18と同じで、装弾数23発。
写真の様に、マガジンフォロアーを一番下でロック
出来るので、BB弾装てん時に、指でマガジンフォロアーを
引き下げておく必要が無く、便利です。
マガジン底部のマガジンベースには、ガス注入用の
穴が開けられて無く、スライドさせて注入します。
リアリティ重視なのですが
面倒な人は、自分で穴を開けなさいと
説明書に書いてありました。
KSC G34 グロック34 ブローバックガスガン
KSC G34 グロック34 ブローバックガスガン 通常分解は、マガジンを抜いてから、スライドを
引いてコッキングします。
そして、テイクダウンレバーを引き下げると
スライドがスルスルと、前方に抜けます。
目立たない様にブラックコーティングされた
インナーバレルは、アウターバレルと固定されて
いません。
実射

重くなったスライドは、そのままリコイルショックの重さ
として反映されてます。
しかも、デメリットとしての回転スピードの低下は
気にならない物でした。
別売のロングマガジンを使用すれば、さらに
ガツンと、迫力あるブローバックを楽しめます。
集弾性も、期待どおりの良い物でした。
G18のフルオートも最高に楽しいですが
1発、1発を楽しみながら撃ちたい時には、これですな。
KSC G34 グロック34 ブローバックガスガン
7m  半径2cm刻みの円 0.2gBB弾10発