2009/3/17

P226R
KSC
タクティカル
KSC P226 タクティカル ブローバックガスガン ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   213mm

重量   805g

装弾数  25発

価格   20,790円
世界のプロフェッショナルに愛用されている
SIG SAUER P226。
KSCは、特殊部隊必須アイテムの20mmアンダー
マウントレイルを装備したP226Rを、モデルアップして
いましたが、さらにハイダーやサイレンサーが装着出来る
エクステンションバレルを装着し
スライドに、米海軍特殊部隊ネイビーシールズに
納入されているタイプの、錨マークの刻印が入れられた
P226Rタクティカルを登場させました。
KSC P226 タクティカル ブローバックガスガン
KSC P226 タクティカル ブローバックガスガン その錨マークには、色が入れられ他の刻印に埋もれて
しまう事もなく、地味だけど目立ってます。
外観の仕上げは、今までのABSモデルと同じで
ザラザラした感じの物。
さすがに見飽きてしまった感がありますねー。
そろそろ新しい手法を編み出してほしいもんです。
あるいは、同じKSCのP10SDやSP2022の様に
スライドかフレーム、どちらかをヘビーウエイトにするとか。
フレームのパーティングライン(貼り合わせ痕)は、
完全に消されそのうえ、へアライン加工(実銃での切削痕)
までされています。
トリガーガード前部は、両手で構えた時に
添えた手の指が、銃をしっかり保持出来る形状で
さらに、セレイション(滑り止め溝)まで入っています。

スライドストップレバーは、非常に使い易い位置に
あります。
マガジンキャッチのボタンは、出っ張りが、低く抑えられて
います。
KSC P226 タクティカル ブローバックガスガン
KSC P226 タクティカル ブローバックガスガン マガジンは亜鉛一体型で、マガジンリップは
金属製。
どうも、金属製だとBB弾にキズが付きそうで
好きになれないですねー。
その代わり、耐久性は抜群でしょうけど。
KSC P226 タクティカル ブローバックガスガン KSC P226 タクティカル ブローバックガスガン
専用のJETサイレンサーを装着してみました。
サイズは30×118mmのアルマイト製。
アウターバレルは、チャンバーと別パーツの
アルミ製。
サイレンサーは軽量なので、装着による
ブローバックの変化は、感じませんでしたが
消音効果は ?ですね。
まあ、この銃に限らずブローバックモデルは
BB弾の発射音よりブローバックの作動音が大きいので
消音効果は、よく分かりません。
サイレンサーは、装着するとフロントサイトと
同じ高さになるので、違和感はあるものの
サイティングは、出来ます。
KSC P226 タクティカル ブローバックガスガン
KSC P226 タクティカル ブローバックガスガン テイクダウンラッチレバーが回せる位置まで
スライドを後退させて、レバーを真下に下げれば
スライドがスルスル前方に抜けます。
アウターバレルの延長に伴って、インナーバレルも
ノーマルに比べて20mmほど、長くなっています。
集弾性も向上しているかも。
実射

かなりリアルに作り込まれているP226ですが
スライドの操作音などは、パコッとプラスチック的で
イマイチ。もう少し、音にも拘ってほしいものです。
ブローバックスピードは、けっこう早いのですが
リコイルショックは、もう少しインパクトが欲しいところ。
システム7のブローバックエンジンに、移行したら
良くなるかもしれませんね。
集弾性は、ノーマルP226と同様良く纏まっていて
好印象です。安定感もあって、大変良いです。
KSC P226 タクティカル ブローバックガスガン
7m  半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 10発
KSC P226 タクティカル ブローバックガスガン サイレンサーを装着して撃ってみましたが
集弾性に影響は、無い様ですね。
7m  半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 10発