SP2022
KSC   SIG SAUER
KSC SP2022 ブローバックガスガン ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   188mm

重量   705g

装弾数  22発

価格   22,050円  (税込み)

今時の流行であります、ポリマーフレームタイプのシグプロ。
その新しいバリエーション、SP2022が
最新ブローバックエンジン「システム7」を搭載して
登場してきました。
SP2022といえば、フランス警察等に採用された
最新のシグプロですね。
KSC SP2022 ブローバックガスガン
KSC SP2022 ブローバックガスガン 外観を眺めていると、フレームの質感が、なんか良いと
気づきました。
どうやらフレームは、ヘビーウエイト材の様です。
スライドは、ABS樹脂製で、すこし光沢があって
ザラッとした仕上げなのに対して、フレームは
もっときめ細かく、つや消しで落ち着いた感じ。
実銃での、金属製スライドとポリマーフレームの質感の
違いを、表しているようです。
SP2022の最大の特徴は、今までのシグプロシリーズでは
独特の形状だったマウントレイルが
一般的な20mm幅になった事でしょうか。
独自の形状だと、専用のライトなりレーザー等を付けるか
一般的な物をつけるには、アダプターが必要でした。
しかし、SP2022になってそんな面倒から解放されました。
これは、朗報ですねー。
KSC SP2022 ブローバックガスガン
KSC SP2022 ブローバックガスガン と言う事で、手持ちのレーザー付きフラッシュライトを
取付けてみました。
トリガーガードに当たって、きっちり奥まで
入らなかったのですが、この際良しとしましょう。
実銃もポリマーフレームということで、このSP2022も
パーティングラインは未加工で、残っています。
トリガーガードの部分は、なぜかほとんど消えていて
目立たないのですが。

トリガーガードの前部で光っている楕円の物は
シリアルプレートです。

KSC SP2022 ブローバックガスガン
KSC SP2022 ブローバックガスガン デコッキングレバーとスライドストップレバーは
絶妙な配置。とくにスライドストップレバーは
構えた親指での操作性が抜群です。
実物も装着可能な、スクリューネジを使わない
ワンピースグリップ。
このグリップの握り心地は、独特です。
楕円の筒を握っているような・・・・
人間工学的にピッタリフィット、とは違った
シンプルな感じ。
KSC SP2022 ブローバックガスガン
KSC SP2022 ブローバックガスガン 両手で銃を保持したときに、指を引っ掛けやすい
形状になった、トリガーガード前部。
これも、前モデルから変化した部分です。
3段に絞り込まれたリアルなマガジン。
マガジンも、リアル重視から性能重視になり
スチールプレス製マガジンケースタイプから
亜鉛ダイキャスト一体型に変わっています。
KSC SP2022 ブローバックガスガン
KSC SP2022 ブローバックガスガン リアサイトは、P226Rと同じタイプに変更されて
見やすくなっています。
通常分解は、マガジンを外した後
写真の位置までスライドを引いて
スライドストップレバーを引き抜くと
スライドが、前方に抜けます。
KSC SP2022 ブローバックガスガン
KSC SP2022 ブローバックガスガン KSCは、分解せずにホップアップ調整が出来るので
メンテナンスの時ぐらいしか分解する事も無いのですが
分解操作は、とてもスムーズに行えます。
実射

大口径ピストンのシステム7は、さすがに
迫力があって良いですねー。集弾性も、まだそんなに
撃ち込んでないので、多少不安定ですが
そこそこ纏まっていて、良いです。
逆に、スライドの操作音はプラスチッキーでイマイチ。
これは、SP2340から変わってませんねー。
ABSパーツ(2022の場合スライド)の仕上げと合わせて
頑張って頂きたい。
あとは、グリップの形状が納得出来るかどうかですな。
まあ、これは好みというか、なんというか。
握ってみて、「へぇー」と思うか、「えー」と思うかですな。
KSC SP2022 ブローバックガスガン
7m 半径2cm刻みの円 0.2gBB弾 10発

2009/02/03