P99
WALTHER
KTW
KTW P99 コッキングエアガン コッキングエアガン

固定ホップアップシステム

全長   180mm

重量   600g

装弾数  12発

価格   3,100円
KTWのホームページで、「KTW博物館」に載ってたので
すでに絶版となってしまった、コッキングP99。
以前から、全弾撃ち終わるとスライドストップする
コッキングエアガンが有るとは、知っていましたが
なかなか巡り合えませんでした。
このP99は、台湾のY&Pが製造元で、KTWが輸入して
販売していました。
ロットによって、可変ホップと固定ホップがあった
みたいですが、今回のは、固定ホップ仕様です。
KTW P99 コッキングエアガン
KTW P99 コッキングエアガン 外観は、いかにも低価格コッキングエアガンといった
プラスチック感の強い物ですが
そんなことは、分かりきっている事なので、そんなに
気には、なりませんねー。
それより、持った時の重量感が凄い。
ウエイト入れ放題と言った感じです。
まあ、ウエイトがグリップやマガジン辺りで集中して
いますので、バランス的には、イマイチなんですか。
早速、空のマガジンを入れたまま、スライドを引いてみます。
と、おおー、ちゃんとスライドストップします。
もちろん、ショートリコイルしますし
しかも、コッキングインジケーターもライブ作動です。
マガジンキャッチも、左右から操作出来ます。
なんだか、これだけ可動してくれると、
嬉しくなってきますねー。
KTW P99 コッキングエアガン
KTW P99 コッキングエアガン ワルサー社とライセンス契約しているのでしょう、
スライド、チャンバー、グリップにマガジン底部と
あちこちに、マークが。
チャンバーの「6mm」という刻印が、泣かせます。
(別に泣かなくていいですけど)
マニュアルセーフティが、トリガー上部に付けられて
います。
ボタンを90度回せば、トリガーがロックされます。
しかし、このボタンは、小さいうえに、出っ張りも少ない
ので、回すのに苦労します。
ちょっと使い難いですねー。
KTW P99 コッキングエアガン
KTW P99 コッキングエアガン
なんと、このP99は、バックストラップ(グリップ後部パーツ)も
交換可能です。
ただし、標準タイプの物が金属製なのに対して
付属の小型タイプの物(写真で、装着している方)は、
プラスチック製なので、取り替えると軽くなってしまう。
個人的には、小さい方が好みなので残念。
このP99のもっと凄いところは、通常分解が、出来るところ。
説明書には、分解方法は、記載されていないので
「あまり分解するな!」という事でしょうか。
でも、自己責任でやっちゃいますけど。

まず、スライドを少し引いて、スライド後端のパーツを
下方にスライドさせて、取り外します。
スライドにテンションが、かかって難しい時は、一度
コッキングしてから、取り外して、空撃ちします。
必ず撃ってください。
KTW P99 コッキングエアガン
スライドは、通常の位置でも、多少テンションが、かかって
いますので、スライドを手で押さえながら
テイクダウンラッチを下げますと
スライドが、スルスルと前方に抜けます。
KTW P99 コッキングエアガン
普通、コッキングエアガンの分解や組み立ては、
素人には難しく、特に組み立ては、ちょっとしたコツが
必要だったりしますが
このP99は、ガスブロ等の分解の経験がある人なら
なんのためらいも無く、分解組み立てが出来ます。
KTW P99 コッキングエアガン
KTW P99 コッキングエアガン 実射

P99のスライドは上半分が、絞り込まれた形で
セレイション(滑り止め溝)も、下半分しかないので
コッキングガンだと、スライドを引き難いです。
トリガープルも、きしむ感覚のプラスチック感があり
あまり良くは無いですねー。
集弾性は、良い時と、悪い時がはっきりしていて
もう少し、まとまって欲しいところ。
威力的にも、平均初速 48.2m/s の 0.22ジュールなので
18才以上用としては、もう少し頑張ってほしいですな。
しかし、コレクターアイテムのコッキングエアガンとしては
これだけ楽しめれば、最高ですねー。
こんなエアガンが、どんどん増えてくれたらいいのに。
7m 半径2cm刻みの円 0.2gBB弾 10発

2008/11/21