エアガン

\|トップページ|


 
トップページ
東京マルイ VGLOCK 17 Gen.4
 2021/5/26
 
東京マルイ グロック17 GLOCK17 Gen.4 ブローバックガスガン 
ブローバック ガスガン

可変ホップアップシステム

全長   202mm

重量   709g

装弾数  25発

初速   71.6~72.8m/s

価格   16,800円 (税別)
 
東京マルイ グロック17 GLOCK17 Gen.4 ブローバックガスガン 

実銃グロック17は、オーストリアのグロック社が開発した自動拳銃です。
1982年に西欧市場デビューし、1983年オーストリア国防軍の次期制式拳銃
トライヤルで、同国のビッグ銃器メーカー「スタイヤー社」が有力視される中
予想に反して選ばれました。
銃器開発は初めてというのに。

1985年にはアメリカに進出し、フレーム全てが樹脂製のポリマーフレームオート
としては最初の銃であるグロック17は、最も商業的に成功した
ポリマーフレームオートとなりました。

そんなグロック17も2017年に第5世代「Gen.5」モデルが発表されました。
まだまだ進化し続けてます。
 
東京マルイ グロック17 GLOCK17 Gen.4 ブローバックガスガン 

 国内のエアガンでは、マルイさんから第4世代(Gen.4)グロック17が
2020年に発売されました。

今までのグロックとGen.4グロックの大きな変更点は、グリップの
滑り止めでしょう。
手元にGen.3グロック17が無いのでグロック18で比較しますが
Gen.3では側面はザラザラとした模様で、前後は四角いチェッカリングに対して
Gen.4は全体的に細かい四角形のドットパターンになっています。

2丁を握り比べてみると、確かにドットパターンのほうが
手に引っ掛かる感触が強く、しっかりグリップしている感じです。

まあ、四角い物を握っているという感覚は、今まで通りですけどね。

東京マルイ グロック17 GLOCK17 Gen.4 ブローバックガスガン 

 それからGen.4はグリップのバックストラップの交換が
出来る様になりました。
初期状態はバックストラップを装着して無い状態で、
Sサイズと言う事になります。
私の様な指の短い方とか、手の小さい方とかは、このままで満足なのですが
物足りない方はバックストラップを装着します。

バックストラップは、ショートタイプのMサイズとLサイズ、ビーバーテイルタイプの
MサイズとLサイズの4枚が付属します。

ショートタイプMサイズを装着した状態が、Gen.3グロック17と同サイズらしいです。

まずグリップ後部のピンを抜いて、グリップ内側の矢印の部分を指で押すと
グリップ底部に隙間が空くので、そこにバックストラップのフックを
引っ掛けます。

東京マルイ グロック17 GLOCK17 Gen.4 ブローバックガスガン 
 
後はバックストラップ全体的をピッタリ貼り付けて、元のピンより少し長い
別に付属しているピンをはめれば完了。

ただ、このピンを抜いたり挿したりが、付属の治具だけでは
固くて難儀します。出来れば小型のプラスチック・ハンマー等が
あった方が作業がスムーズです。

写真左下はショートタイプLサイズ、右はビーバーテイルタイプMサイズを
装着しています。

バックストラップは、そう頻繫に交換する物ではないですが
治具を使わないとか、もう少し楽に簡単に出来れば嬉しいのですが。

東京マルイ グロック17 GLOCK17 Gen.4 ブローバックガスガン 

スライドの刻印は、何故か文字が太くなってしまってます。
Gen.3の方が細い文字で、実銃に雰囲気が近かったのに残念です。

逆にチャンバー上部の刻印は、よりリアルになって良いですね~。

ただ作動性の向上のためか、チャンバー上面の前部(矢印の部分)が
やや削られた形状になり、チャンバー全体も少し沈んだ感じになっているのは
気になります。
今までは、スライド上面と面一だったのに。

 
東京マルイ グロック17 GLOCK17 Gen.4 ブローバックガスガン 

 アウターバレルは従来の物より、こげ茶っぽい色が混ざった色に
変更されていて、これが金属っぽく見えます。

東京マルイ グロック17 GLOCK17 Gen.4 ブローバックガスガン 

実銃Gen.4グロック17の、リコイルスプリングの2重化は
エアガンも同様に再現されています。
実銃でのリコイルスプリング2重化は、反動の軽減と寿命の延長に
に効果があるそうです。

 
東京マルイ グロック17 GLOCK17 Gen.4 ブローバックガスガン 
 
スライドストップ・ノッチの裏側には、金属の補強パーツが
装着してあるので、ノッチが変形する事はありません。


東京マルイ グロック17 GLOCK17 Gen.4 ブローバックガスガン 

マガジンキャッチ・リリースボタンは、Gen.3に比べて
2倍ほど大型化されています。

しかも左利き用のために、左右入れ替えが出来ます。
 
東京マルイ グロック17 GLOCK17 Gen.4 ブローバックガスガン 

 なので、ダイカスト製装弾数25発のマガジンには、マガジンキャッチ用の
切り欠きが両側にあります。

マガジンは旧タイプと互換性はありますが、リリースボタンを
右側に付け替えた時に、旧タイプの左側に切り欠きが無いマガジンを
装てんすると、落ちてくるので注意です。

東京マルイ グロック17 GLOCK17 Gen.4 ブローバックガスガン 

  ホップアップの調整のダイヤルは、チャンバーの左横にあるので
スライドをホールドオープン状態にしてから、指で回します。

工具不要で、スライドを外さなくても調節出来るので、屋外で使用中に
ちょっと調節したい時など便利です。

東京マルイ グロック17 GLOCK17 Gen.4 ブローバックガスガン 
 
シリアルプレートがマニュアル・セイフティになっているのは
今まで通り。
以前の物より角が付いて、四角くなりました。

 実射


最近のマルイ製だと、新品のうちは作動が渋いモデルもありますが
このグロック17は、作動も操作も最初からスムーズです。

トリガーは軽くて切れが良く、リコイルショックは以前の物より強くて
芯がある感じ。
ドンと手に伝わる撃ち心地は随分と良くて、リズミカルに撃ちたくなるほど。
ついつい、連射してしまいます。

フラットな飛びと纏まりがある集弾性は、さすがマルイさん。
ホップも安定しています。

後は、もう少しお座敷シューター寄りな仕上げにしてもらえたら
嬉しいのですが。

東京マルイ グロック17 GLOCK17 Gen.4 ブローバックガスガン 
 距離 10m 半径2cm刻みの円 0.20gBB弾10発







 



楽天市場でグロック17Gen.4をさがす Yahoo!ショッピングでグロック17Gen.4をさがす  
 
 Yahoo!ショッピングでランキングをみる