東京マルイ
ルガー P.08
東京マルイ ルガー P.08 LUGER P.08 コッキング エアガン コッキングエアガン

ホップアップ無し

全長   

重量   304g (実測)

装弾数  15発

価格   1900円 (1985年発売時)
現在まで続く、マルイ製エアコッキングシリーズの
第1号が、このルガーP.08。
いきなり、トグルジョイントによる独特な作動をするP.08を
コッキングガンとしてモデルアップするなんて
凄いです、マルイさん。
しかも、語り継がれた話を耳にすると
集弾性も抜群に素晴らしかったそうな。
私も以前から、一度お目に掛かりたいと思っていましたが
すでにルガーP.08は絶版になっていて入手は困難。
ですが、今回かなりくたびれた中古なんですが
私の手元にやって来たので、早速レビューしました。
東京マルイ ルガー P.08 LUGER P.08 コッキング エアガン
東京マルイ ルガー P.08 LUGER P.08 コッキング エアガン 外観は、プラスチックそのままで、テカテカ光ってます。
見方によっては、タナカ製スチールブラック仕上げか ?
と言うぐらいです。 (ウソ嘘うそ)
サイズは、構造的に難しかったのか
機関部が少し大きめに作られていて、トグルジョイントの
関節部分の円形パーツも、コッキング時に指が
引っ掛けやすい様に、横に出っ張り気味に
作られています。
コッキングすると、ちゃんとエジェクションポートが開いて
中が見えます。
と言っても、見えるのは灰色のパーツだけですが。
マガジンの先端がくる辺りなので、チャンバーなのかな?
とにかく、実銃と同じ操作が楽しめるコッキングエアガン
なのです。
東京マルイ ルガー P.08 LUGER P.08 コッキング エアガン
東京マルイ ルガー P.08 LUGER P.08 コッキング エアガン さすがに、マガジンには古さを感じます。
まず、マガジンキャッチは、モールドで動かないので
マガジンは、そのまま下に引き抜きます。

マガジンフォロアーを一番下まで下げます。
下まで下がると、自動でフォロアーがロックされます。
後は、上部からポロポロとBB弾を入れるだけ。
ただ、マガジンリップらしき物は無いので
マガジンを傾け過ぎると、BB弾は こぼれてしまいます。
こぼれない様に、本体にマガジンを完全に差し込むと
マガジンフォロアーのロックが解除されて
フォロアーがBB弾を、押し上げる状態になります。
なので、BB弾を全て撃ち終わる前に、マガジンを
抜くと、残っているBB弾は、全てこぼれ落ちてきます。

バレルの先端は、別パーツになっていますが
これがよく外れるんです。
まあ、接着剤でも付ければ解決なんですが。
銃口を覗くと、灰色のアルミ製インナーバレルが見えます。

上から下まで一週ぐるりと、パーティングラインだらけ
なのは、しょうがないですが
トリガーガード辺りは、隙間が開いてまっせ。
東京マルイ ルガー P.08 LUGER P.08 コッキング エアガン
東京マルイ ルガー P.08 LUGER P.08 コッキング エアガン マニュアルセイフティは、ちゃんと機能しています。
写真の状態で、セイフティ オン。
トリガーは、完全にロックされます。

私自身、P.08のグリップは角度がきつ過ぎて
あまり好きでは無いのですが
マルイさんは、P.08の丸みを帯びた独特の形状を
よく再現されていると思います。
もともとP.08のリアサイトは、簡素で小さいので
狙いにくいなーと思っていましたが
こっこれは・・・・。
V字の切り込みの右と左で高さが違ってるー。
まっまあ、古い物ですし・・・・。
東京マルイ ルガー P.08 LUGER P.08 コッキング エアガン
東京マルイ ルガー P.08 LUGER P.08 コッキング エアガン 実射

18才以上用なのでコッキングは重いですが
慣れれば、普通のスライドモデルより調子良く操作出来る
様な気がします。
トリガープルは、最初に少しギシギシきしんでから
割と素直に切れます。特別重いとも感じませんでした。
集弾性は、凄いの一言。
シリーズ初期から、こんなに命中精度の高い物を
作っていたなんて。
ホップが無いってのも、関係しているんですかねー?
7m 半径2cm刻みの円 0.2gBB弾 10発

2009/5/16