マルイ
P226
P226 RAIL
CHROME STAINLESS

ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   196mm

重量   804g

装弾数  25発

価格   18,690円 (税込み)

マルイ P226 クロームステンレス ブローバックガスガン
マルイ P226 クロームステンレス ブローバックガスガン
マルイ P226 クロームステンレス ブローバックガスガン
マルイ P226 クロームステンレス ブローバックガスガン
マルイ P226 クロームステンレス ブローバックガスガン
マルイ P226 クロームステンレス ブローバックガスガン
マルイ P226 クロームステンレス ブローバックガスガン

大体、シルバーモデルは光の反射が多いので、写真に撮るのが
けっこう難しいのですが
このクロームステンレスも、なかなかに
難しい。やたらピカピカして上手く撮れません。
このテカテカ感が、どれ位伝わるか不安ですが、とにかくテカッてます。
ただ、よく見ると少し塗装の粗さがみえます。
個人的には、もうちょっと頑張って鏡面仕上げと言える位にフラットな
表面にしてほしかったです。
この辺りは、KSCの方が何枚も上手ですが
たとえば、フレームの貼り合わせ痕(パーティングライン)も、堂々と残って
ますし、コストを含めた方向性が多少違う様です。
マルイのブローバックガスガンは、「安くて、実射性能が高い」が、売り
ですからね。

基本的には、ブラックモデルと仕様は同じですが
グリップは、ラバーフィーリンググリップになっています。
これは、同じマルイガスブロのM92と同じ展開ですね。
私が便利だと感じたのは、マニュアルセイフティで、
グリップしている右手の、人差し指でテイクダウンレバーの
右側の部分を少し押すだけで完了します。
左の写真が押した状態です。
射撃体勢から、銃を握った状態のまま
瞬時にセイフティがかけられるのは良いです。
反対側から押し戻すと、セイフティが解除できます。

ホップアップ調整は、スライドを外して行います。
マルイのガスブロは、だいたい同じ仕様だと思います。
P226の場合、所定の位置までスライドを引いて
テイクダウンレバーを回すと、スライドが前方に抜けます。
後はチャンバーの下辺りにあるダイヤルを指で回すだけ。
スライドを外さないといけないのは、少し面倒ですが
工具が必要ないのは、便利です。

実射

スライドを引いた時の操作感は、ブラックモデルから変わりなく
プラスチッキーな感触。音がねー。
ブローバックは、鋭く気持ちの良い動きをしてくれます。
テストをした日は、寒くガスブロには、悪条件でしたが
動きも、集弾性も、ねばって頑張ってくれました。

7m    半径2cm刻みの円 


2008/3/7