ハイグレード
東京マルイ
H&K P7M13
東京マルイ HK P7M13 コッキングエアガン 10才以上用
東京マルイ HK P7M13 コッキングエアガン 10才以上用 コッキングエアガン (10才以上用)

固定ホップアップシステム

全長   173mm

重量   268g

装弾数  22発

価格   1,980円 (税別)
初めてP7M13を見たときは、大きなグリップセイフティが
付いてるなぁ〜位の認識しかありませんでしたが
実はヘッケラーアンドコッホ社独特の機能満載な銃でした。
実銃P7M13は、9mmパラベラム弾使用でM13は、装弾数
13発を示します。ダブルカラムマガジン(複列弾倉)ですね。
ブローバックはショートリコイルでは無く、発火時のガスを
利用してスライドの作動を遅らせる、遅延式ブローバックを
採用しています。
そして最も特徴的な、巨大なグリップセイフティの様な物は
スクイズコッカーと言う機能が備わり、グリップを握ると
ストライカー(撃針)がコッキングされ、握りを緩めると
セイフティ状態になります。なので常にトリガープルが軽い
という利点があります。
また、スライドストップ時のリリースレバーの役目も
しています。
東京マルイ HK P7M13 コッキングエアガン 10才以上用
東京マルイ HK P7M13 コッキングエアガン 10才以上用 マルイ製コッキングP7ですが、10才以上用と言えど
なかなか質感は良いと思います。(価格に対してですが)
特徴的なのが、スライド両サイドに平行に彫られたスジで
ヘアラインと言うよりは、セレイションと言える深さ。
プラスチックの安っぽい艶が消えて、渋さがでてます。

エジェクションポートは、モールドで開かないのが残念
ですが、もし開いたとしてもポンプ等の内部パーツしか
見えないでしょうから、これはこれで良いのかも?

実銃では多機能なグリップ前部のレバーですが
このエアガンでは、グリップセイフティ機能のみと
なっています。
このレバーを引くのに、大した力は必要ありませんが
おかげでグリップが、かなり大きくなっているのも事実。
まあ、銃自体が軽いのでそんなに握り難く感じませんが
やっぱり大きいですね。
東京マルイ HK P7M13 コッキングエアガン 10才以上用
東京マルイ HK P7M13 コッキングエアガン 10才以上用 マガジンキャッチは、アンビタイプ。
下にさげると、マガジンが抜けます。
先端は絞り込まれてますが、一応フルサイズの
マガジン。
同じマルイのコッキングエアガンシリーズでも
古いタイプでは、マガジンは極細だったので
それに比べたら、かなりリアルになりました。
東京マルイ HK P7M13 コッキングエアガン 10才以上用
東京マルイ HK P7M13 コッキングエアガン 10才以上用 実銃では、コッキングするとファイアリングピンが
スライド後方から出てきて
コッキング・インジケーターになっていますが
このエアガンも、ちゃんと可動してくれます。
スライドを引いてコッキングすると、
ニョキニョキっと、出てきます。
トリガーガード前部は、両手で構えた時に指を
引っ掛け易い形状になつていて
セレイション(滑り止め溝)も入ってます。
東京マルイ HK P7M13 コッキングエアガン 10才以上用
東京マルイ HK P7M13 コッキングエアガン 10才以上用 グリップセイフティとは別に、マニュアルセイフティも
あります。
が、これが出っ張りが無いうえに
指の腹で動くほど軽くないので、爪を引っ掛けてスライド
させると、操作し易いかな。。
前方にスライドさせて、セイフティ・オン。
移動量は少なく、パチン・パチンってな感じ。
スライドを引いて、コッキングしたところ。
アウターバレルの先端は、キャップの様になっていて
試しに引っ張ってみると、簡単にスポッっと抜けました。
んー屋外で使う人は、ちょっと紛失に注意かな。
まあ、意識して抜かないかぎりは
そう自然に抜け落ちる事は、無いとは思いますが。
東京マルイ HK P7M13 コッキングエアガン 10才以上用
東京マルイ HK P7M13 コッキングエアガン 10才以上用 フロント・リアサイトに、ホワイトドット等は有りません。
が、リアサイトの溝とフロントサイトのバランスが
比較的良いので、狙い易い感じがします。
ちょっとKSC製グロック17と、大きさを比べてみました。
スライドだけ見ると、かなりコンパクトな感じですが
グリップ部は、ボリュームたっぷり。
東京マルイ HK P7M13 コッキングエアガン 10才以上用
東京マルイ HK P7M13 コッキングエアガン 10才以上用

実射

小振りなスライドながら、幅の広いセレイション(滑り止め溝)
と10才以上用と言う事もあって、コッキングは小気味良く
操作でき、続けて撃つ時などは楽ですねえ。
唯一というか、やはり気になる所はグリップで
万人に好まれる物では、ありません。
実銃の珍しい内部構造を知っているマニアックな方とか
その特異性を好まれる人なら、このグリップの握り心地も
逆に、感触の良い物になると思います。
あと、集弾性ですが、この個体は多少使い込まれている物
なので、くたびれているのか
もともとなのか、すこし散らばり気味ですねー。
まあ、いくらマルイ製といえども個体差は有りますので
ご参考までに。




7m 半径2cm刻みの円 0.12gBB弾10発

トップページ

2010/3/19