トップページ

Px4
東京マルイ
東京マルイ Px4

2011/1/20


東京マルイ Px4
ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

 全長   192mm

重量   833g

装弾数  25発

価格   17,640円 (税込み)
東京マルイ Px4
世界的に流行ってきた、ポリマーフレームオートの開発に出遅れてしまったベレッタが
デザイナーのジウジアーロを起用して完成させた、初のポリマーフレームオート9000Sは
イマイチの評判でした。
そして、またまたジウジアーロデザインながら、起死回生を狙って登場したのが
Px4 storm です。
9000Sが同社のM92等とおなじ、バレルの露出しているオープントップスライドデザイン
なのに対し、Px4はデザイン的にも機構的にもM8000クーガーの後継機種と言える物に
なりました。

東京マルイ Px4
と言っても、似ているのはパッと見だけで、各部分はかなり変わっています。
写真下は、ウエスタンアームズ製のM8045クーガーですが、比べてみるとPx4の方は
フレームにアンダーマウントレイルが装備され、グリップは薄く、まるみを帯びた
デザインに。
スライド上面はクーガーが丸い曲面なのに対し、Px4は平面になっています。

スライド後部のセイフティレバー形状も、かなり斬新な形に。
実際銃を握っている親指で試してみると、レバーを下げて
セイフティ・オンにするのは、クーガーより格段に使い易い。
デコッキングもスムーズに作動しますし。
逆にレバーを上げてセイフティ解除は、少しやり難く感じました。
不慣れなのと、親指との距離感のせいでしょうか?
東京マルイ Px4
クーガーのトリガーガード前部は、銃を両手で構えた時に、添えた手の指が
引っ掛けやすいようなデザインになっていて、セレイション(滑り止め溝)も
入っていますが、Px4では普通にラウンドした形状になっています。
東京マルイ Px4
ショートリコイルは、クーガーの特徴でもありますロテイティング・バレルロックシステムを
継承しています。
これは弾を発射後に、スライドとバレルが一緒に後退している間バレルが回転し
回転しきった所でロックが解除され、スライドのみが後退するショートリコイルです。
エジェクションポートから、独特のバレル形状が見えますね。
東京マルイ Px4
Px4の便利な機能として、バックストラップ(グリップの背面)が交換可能になっています。
グリップ底部のボタンを押しながら、バックストラップを後に引っ張り外します。
東京マルイ Px4
マルイPx4には、銃に装着されているMサイズ(写真中央)の他に、Sサイズ(写真左)と
Lサイズ(写真右)のバックストラップが付属しています。
いやー、これは嬉しいですねー。
いくらバックストラップが交換可能といっても、別売だったら買うのも億劫になります。
これは大拍手ですな。
東京マルイ Px4
最初から装着してあるMサイズのバックストラップでも、同じベレッタの
M92やクーガーに比べると格段にグリップ感が良い。
指の短い私でも、結構しっくりきます。で、Sサイズに変えてみると、コンパクトタイプの
銃を持つ様な感触で、さらに銃と手の密着感が増す感じです。
Lタイプは、Mタイプと同じ様な太さのままですが、グリップ背面の殆どをカバーする
ロングタイプですね。確かに太くなりますが、Mタイプから極端に太くならないのが
好いですねー。

東京マルイ Px4
フロント・リアサイトは、少しコンパクトですかな。
スライド上面は平面で両端が少しカットされてますが、リアサイトの部分は
絞り込まれて、ほぼ曲面になっています。
このラウンドした形状で、リアサイトだけ上に飛び出てる様な感覚で見えるので
サイティングがやり易く感じますねー。

東京マルイ Px4
リアルな形状のダイカストマガジンの装弾数は、26発。
東京マルイ Px4
マルイPx4は、ベレッタと契約していないので刻印類やマークは、マルイ独自のものに
なります。まあマルイさんも、目の肥えたコレクターを泣くほど喜ばせるためには
作ってないと思うので、これで好いかも。
安くて、雰囲気も楽しめて、実射性能は抜群に良いと言う「マルイスタイル」は
今後も続くんでしょなー。
東京マルイ Px4
通常分解は、マガジンを抜いてから、トリガーガードの付け根辺りにある
スライドロックを両側から下げれば、スライドがスルスル前方に抜けます。
後は、リコイルスプリングアッセンブリー、バレルアッセンブリーの順で
スラテドから外せば完了。
今までのマルイ製ガスガンと違い、チャンバー横にホップアップ調整ダイヤルが
あります。
東京マルイ Px4
そうなんです。今回のPx4はスライドを外さなくてもホップ調節が出来るんです。
もちろん工具無しで。
スライドオープンの状態で、チャンバー横のダイヤルを回します。
ダイヤルを下げるとホップが強くなり、上げると弱くなります。
まあ、ダイヤルは奥にあるので少し回しにくいですが、これは便利です。
その代わり、スライドオープン状態だと、ダイヤルが目立っちゃいますけど・・・・。
実射

マルイPx4を構えてみると、けっこうな重量感です。数値的には、833gで
弾未装てんの実銃(785g)より重いです。
重量バランスも良く、握り易いグリップと相まって、手に持って眺めてるだけでも
嬉しくなりますねー。
スライド部分は、つや消し塗装なんですが、多面的なスライドと妙にマッチして
マルイ製としては満足度ちょっと高いですね、今回は。
相変わらず、スリキズは目立ちやすいですけどね。
ブローバックに関しては、ガスガンにとって最悪な季節なので、なんともコメント
し難いですが、頑張って動いている方だと思います。
ブローバックエンジンには15mm大口径のピストンカップが使われているので
マガジンをちゃんと暖めてから撃つと、バシッっと撃ち応えのある
リコイルショックを味わえます。
集弾性は、マルイ製らしく素晴らしい。もう良くて当たり前になってますな。
新品箱出し状態から安定していて、慣らし撃ちなんて必要なさそう。

いやー暖かい季節が待ち遠しいですなー。ガンガン撃ちまくりたいです。
東京マルイ Px4
7m 半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 10発
トップページ