マルシン
コルト アナコンダ
マルシン コルト アナコンダ リボルバーガスガン
マルシン コルト アナコンダ リボルバーガスガン
マルシン コルト アナコンダ リボルバーガスガン
マルシン コルト アナコンダ リボルバーガスガン
マルシン コルト アナコンダ リボルバーガスガン

MAXIブラックHW  6インチ

リボルバーガスガン

可変ホップアップシステム

全長   310mm

重量   890g (カートリッジ装填時)

装弾数  6発   (8mmBB弾)

価格   14,800円

私が長い間、ガンマニアから遠のいている間に
こんな銃が出ていたんですねえ。
初めて見た時はコルト・パイソンの偽者かと思った。
しかし、よく見ると大きい。シリンダーとかが。
44口径だったんですねー。
と言う事で、有名なパイソンのデザインを継承しているので
新鮮味はないですがブランドを感じさせますし
ヘビーウエイトの外観は、なかなかの質感で高級感が
あります。
作動に関してもカッチリ、シッカリ動きます。
が、大型拳銃だけにちょっと大味か。

トップページ

真ちゅう製のカートリッジは、流石に大きくて重みもあり
カートリッジ同士が擦れ合う時のシャリンって音が
なんとも、ゾクゾクッとする位気持ちいい。
リボルバーファンにとって、シリンダーをスイングアウト
してカートリッジを排出した時の、この音が
至極の瞬間では、ないでしょうか?
って、案外私だけかもしれませんがね。


BB弾はカートリッジの上から入れる方式なので
シリンダーをカートリッジに入れたまま
BB弾を装填する事はできません。

しかし、何でアナコンダなんでしょう?
よほどコルトは大蛇が好きなんでしょうね。
まあ、名前はともかくダーティハリーを見ながら
育った私は大型拳銃大歓迎。
でも同時に、刑事スタスキー&ハッチを見ながらも
育っていますので、この形はパイソンなのです。
パイソンの大きさがベストスタイルなのです。
(以上、おじさんの話)


ともかく、大型リボルバー好きの方にはお勧め。
8mmBB弾ですので抵抗がある方もおられるでしょうが
8mmならではの迫力はあります。

実射

今までの経験から8mmBB弾の集弾性は期待していません
でしたが、見事に裏切られました。
MAXIシリーズという事で、なんか無理やりパワーで
纏めましたって感じですか。
この集弾性で的に大きい穴がボコボコ開いたら
気持ち良いですねー。

このアナコンダには、光学サイト取り付け用の
マウントも付属しているので
ドットサイトも簡単に取り付けられます。


2007/8/31

7m   半径2cm刻みの円 8mmBB弾使用