グロック21
マルシン
DUAL MAXI
マルシン グロック21 排莢式ブローバックガスガン カートリッジ使用排莢式ブローバックガスガン

固定ホップアップシステム

全長   205mm

重量   756g

装弾数  6発 (8mmBB弾)

価格   20,790円 (税込み)
オーストリア製、ポリマーフレームの代名詞 "グロック"は
銃の大きさや、使用する銃弾の種類によって
数多くのバリエーションがあります。
スタンダードな物は、9mmパラベラムを使用する
グロック17とか、19,26になりますか。
しかし、今回のグロック21は、45ACPを使う大口径の
ハンドガンです。
弾が大きくなるので、当然銃自体も大きくなります。
そのあたりが、気になる所でしょうか?

マルシン グロック21 排莢式ブローバックガスガン
マルシン グロック21 排莢式ブローバックガスガン なぜマルシンは、グロック21をモデルアップしたのでしょう?
他のメーカーが作っていないから?
それとも大きい方が、特殊なメカを内蔵し易いからか
大きな45ACPの薬莢が宙を舞う方が、迫力があって良い
からでしょうか?
まあ、カートリッジが入る部分と、ガス室を両立しないと
いけないので、マガジンは大きい方が良いとは
察しが、つきますが。
マルシン"グロック21"のスライドの仕上げは
マルイ製グロックほど、ツルツルではなく
かといってKSC製ほど、ザラザラでもなく、真ん中あたり
の感じ。ちょっと中途半端かな。
フレームは、KSCのヘビーウエイトタイプと同じ様な
色合い。つや消しの落ち着いたイメージで感じも良い。
ただ、スライドとフレームの境目の隙間が大きいので
少し一体感が無い様に見えます。
マルシン グロック21 排莢式ブローバックガスガン
マルシン グロック21 排莢式ブローバックガスガン カートリッジは、真鍮では無くアルミ製。
黄金色ではなく、シルバーなので少し残念ですが
軽いほうが、銃の軽快な作動には、有利でしょうし
カートリッジが飛んでいった所の、ダメージも少ない
でしょうから、仕方ないですかねー。
カートリッジには、改造防止?の穴が開けられています。
マガジンの装弾数は6発。
実銃の半分にも、満たない(実銃は13発)ですが
ガス室と同居している事を考えれば
妥当なところでしようか。
上から見ると、ダブルカラムになっているのが分かります。
カートリッジの装てんは、バネが結構固めになっています。
マルシン グロック21 排莢式ブローバックガスガン
マルシン グロック21 排莢式ブローバックガスガン 標準的な大きさの、グロック18と比べてみました。
全体的に、一回り大きいのですが
一番は、グリップでしょう。
特に縦方向がやたら、長くなっています。
握ってみると、やはり持ち難さを感じます。
ただ、横方向には、そんなに太くないので
指の短い私でも、そこそこグリップできます。
写真上が、グロック21、下がグロック18です。
比べてみれば、スライドの幅も広いなーと感じますが
単独だと、そんなに感じませんね。
マルシン グロック21 排莢式ブローバックガスガン
マルシン グロック21 排莢式ブローバックガスガン 通常分解は、KSC等と同じ様に、一度コッキングしてから
トリガー上部のテイクダウンレバーを下げれば
スルスルと、スライドが前方に抜けます。
これは、チャンバー部分にカートリッジを差し込んで
みたところ。
実銃のように、スッポリとカートリッジが収まりません。
マルシン グロック21 排莢式ブローバックガスガン
マルシン グロック21 排莢式ブローバックガスガン これは、カートリッジがチャンバー部分に送り込まれて
発射準備完了になったところを、下から見たところ。
(左が、銃口側)
チャンバーは、カートリッジの三分の一程を
覆っているだけ。
この、殆どチャンバー無し構造は、リアリティに欠けますが
作動不良の無い軽快なブローバックに、一役かっています。
実際、今回の実射テスト中に、排出、給弾不良が起きた
のは、途中でガスが無くなった時のみで、ガス圧さえ
正常なら、快調に動いてくれました。
実射

初弾装てん時のスライド操作音は、プラスチッキーな音。
シャキッとした操作感でも、ありませんねー。
射撃時のリコイルショックは、今時のハードキック志向な
新製品に比べたら、やはり弱めですか。
まあ、ガスタンクの容量が小さいので仕方ないですかねー。
ただ、ブローバックのスピードは、そこそこ早いので
排出されるカートリッジは、元気よく、斜め後方に
飛んでいきます。
集弾性に関しては、8mmBB弾のカートリッジ仕様なので
そんなに期待していなかったのですが
私の予想を完全に上回る、高集弾性でした。
マルシン グロック21 排莢式ブローバックガスガン
7m 半径2cm刻みの円 8mmBB弾 6発
高性能な8mmBB弾仕様のガスブローバック。
しかも、カートリッジを排出するリアリティ。
これを、外部ソースに頼らずに、マガジン内のガスのみで
作動可能にしたところが、素晴らしい。
その第1弾としては、作動性に関しては完成度は高いです。
第2、3弾が非常に楽しみなシリーズになりました。
唯一の問題は、マガジンですかねー。
多弾数化とガス容量の確保の兼ね合いが難しいでしょう。
まあ、ロングマガジンが一番簡単な解決策でしょうか?
「さらなる、元気なブローバックと多弾数を望む人は
別売のロングマガジンを買ってねー。」 こんな感じで。
マルシン グロック21 排莢式ブローバックガスガン
動画を見るには、画像をクリックしてください。

2009/1/17