トップページ
マルシン M1911-A1 DUAL MAXI ブローバックガスガン (排莢式)

可変ホップアップシステム

全長   221mm

重量   710g

装弾数  8発  (カートリッジ8発付属)

価格   20,790円 (税込み)

      (初回ロットは、木製グリップ付属)


       d
マルシンのガスブローバックのM1911と言えば以前から
なぜかタクティカル満載の、このスタイル。
なので目新しさは、無いですねー。
外観の仕上げも、相変わらずプラスチック感が強く
艶々しています。
これは何とか質感を上げて頂きたいものです。
マルシン M1911-A1 DUAL MAXI
マルシン M1911-A1 DUAL MAXI 普通のブローバックモデルと、変わりないと思ったら
グリップ底部にマグウェルが付いてました。
これは、新しい ?

木製グリップは、彫りのないシンプルな物。
メダリオン位あれば、と思いますが
まあ、初回ロット限定のオマケですから・・・・。

で、通常のプラ・グリップに戻してみると、これが渋い。
一段とタクティカルな雰囲気になります。
マルシン M1911-A1 DUAL MAXI
マルシン M1911-A1 DUAL MAXI リアサイトはノバックタイプ、パートリッジフロントサイトに
アンビタイプのワイドサムセイフティ。
フレームには、ピカティニ規格のアンダーマウント
レイルを装備。

スライドには、フロントセレイションも入ってます。
マルシン M1911-A1 DUAL MAXI
マルシン M1911-A1 DUAL MAXI カートリッジは、キンバー・ゴールドマッチシリーズと
共用のアルミ製で、マガジンの装弾数と同じ
8発が付属。
6mmのBB弾は、カートリッジの頭から
ポチッと押し込むと、ゴムパッキンが
BB弾を保持してくれます。

ただ、押し込んだ時の感触にムラがあるのも事実。
すっと入る物もあれば、固い物もあります。
んー、これは嫌な予感。
今までの、排莢タイプでない普通のブローバック
モデルでは、ホップアップにLD-2システム(一度ホップ
させたBB弾に、もう一度ラバーを当てて、BB弾を
安定させるシステム)を使っていましたが、この
デュアル・マキシでは、キャンセルされていて
普通のホップアップタイプになっています。

ホップ調節も、チャンバー下部から
チャンバー上部に変わっていて、六角レンチを
使用します。
マルシン M1911-A1 DUAL MAXI
マルシン M1911-A1 DUAL MAXI 実射

スライドの操作感は、音を含めてプラスチッキー。
ブローバックは、少し弱々しい。
ただ、作動不良は少なめな感じでした。

集弾性は、あまり良くありませんでした。
しかも同じシリーズの「キンバー ゴールドマッチ」と
同じ様に、BB弾が発射されずにカートリッジに
残る事もありました。
同じシリーズでも、アルミ製カートリッジを使用する
「Cz75」は作動性や集弾製も、そこそこ良かったので
これは、カートリッジ自体の問題なのかも ?

同じシリーズで、これだけ性能差があると
ちょっと次からは、考えてしまいますよねー。
5m  半径2cm刻みの円 0.2gBB弾 8発

2010/9/27


M1911-A1 DUAL MAXI
マルシン
マルシン M1911-A1 DUAL MAXI
トップページ