マルゼン
WALTHER  P99  &  P99compact
マルゼン ワルサー P99 ブローバックガスガン
マルゼン ワルサー P99 ブローバックガスガン
マルゼン ワルサー P99 ブローバックガスガン
マルゼン ワルサー P99 ブローバックガスガン
マルゼン ワルサー P99 ブローバックガスガン
マルゼン ワルサー P99 ブローバックガスガン
マルゼン ワルサー P99 ブローバックガスガン
マルゼン ワルサー P99 ブローバックガスガン
マルゼン ワルサー P99 ブローバックガスガン
マルゼン ワルサー P99 ブローバックガスガン
マルゼン ワルサー P99 ブローバックガスガン

P99コンパクト

ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   167mm

重量   536g

装弾数  15発

価格   16,590円
 (税込み)

P99

ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   180mm

重量   626g

装弾数  24発

価格   18,690円
 (税込み)

ワルサーと言えばPPKとかP38が、あまりにも有名ですね。
PPKは最近まで某国諜報員がつかってましたし、
P38は三代目大泥棒の愛銃で。
私も子供の頃、初めて買ったモデルガンがP38でした。
ルパンの影響が大ですが、あの独特のスタイルは
やっぱりカッコイイです。
が、長い間この2丁の様な、メジャーになれる銃を
造れずにいました。
しかしやっと近代的なライバル達と
互角に張り合える内容のP99が登場。
そのワルサーとライセンスを結んだマルゼンが
リアルなエアガンP99を出して来ました。

外観はツルッと滑らかなスライドとグラスファイバー入り
ABSのフレームとのツートーン。
このフレームの見た目は、好き嫌いがはっきり出そうですが
私は塊感があって好きです。
グリップは、指の短い私でも持ちやすくて好感触。
ピッタリフィットして、しかもバランス自体も良いので
安定感があります。
スライドストップや押しボタン式のデコッキングなど
無駄に出っ張りが無いのも好いですねー。

サイレンサーを付けるには、アウターバレルも
取り替える必要がありますが、お勧め。
消音効果は、そこそこですが、やっぱり似合います。
アウターバレルの交換が面倒な方には
サイレンサー付きモデルもありますし。

コンパクトモデルは、ただ単に寸法を短くしただけではなく、デザインもかなり変わっています。
一番の違いはロングアンビスライドストップと呼ばれる物で、スライドストップのレバーが
左右両側にあります。左利きの方は、大変便利です。

2丁拳銃で、両方のホールドオープンしてるスライドを2丁同時に戻せます。
やってみたい人、多いのでは?
しかしP99コンパクトのグリップは短いです。だから「コンパクト」だろって突っ込まれそうですが
個人的には、もう少し長い方が良いかと思います。
右の写真は、KSCのグロック26タイプCとの比較です。

実射

P99のスライド操作は心地良いです。
サイレンサー取り付け用にアウターバレルを
交換している事もあるでしょうが
ジャチッて言う金属音が最高に気分良し。
ブローバック時のリコシルショックは、ズッシリ重いタイプ。
回転スピードは、そこそこにドンッと来ます。
P99コンパクトの方は、よりダイレクトに伝わって来る感じ。
ブローバックに関しては、どちらも満足いくものです。
集弾性は、そんなに良くもないけど悪くも無い
といったところでしょうか。

P99 7m  半径2cm刻みの円

P99コンパクト 7m  半径2cm刻みの円


2007/9/10