マルゼン
INGRAM M11  CQBV
マルゼン イングラム M11 サブマシンガン ガスブローバック

ブローバックガスガン(セミ&フル)

ホップアップシステム

全長  560mm (サイレンサー装着+ストック伸)
     254mm (サイレンサー未装着+ストック縮)

重量  1315g (フル装備)
 
       今回のレビューではフラッシュライトが
       欠品ですので、その分軽くなっております。

装弾数 24発

価格   20,790円

マルゼン イングラム M11 サブマシンガン ガスブローバック
マルゼン イングラム M11 サブマシンガン ガスブローバック

マシンピストルで完全にフルオート中毒になってしまった私が次に目を付けたのがM11。
映画等で昔から、お馴染みの銃です。
KSCのM11は、やはりリアルで仕上がりも良いらしい。対してマルゼンの物は派手な
ブローバックが売りだとか。
私は分解して楽しむ事は、あまりしないし、フルオートのリコイルショックを味わいたいので
マルゼンにしてみました。
で、限定品って言う言葉に弱い私は、CQB Vなる物を買ってしまいました。
CQBとは、Close Quarters Battle。日本語で接近戦って言う意味らしいです。

マルゼン イングラム M11 サブマシンガン ガスブローバック

このモデルは本体にマウントレイル、サイレンサー
ドットサイト、それにフラッシュライト(今回欠品)が付い
た限定品。
本体は艶消し仕上げで、なかなかに良い感じです。
ドットサイトやサイレンサーとのバランスが良くて
ストックを伸ばして肩にあて、左手でサイレンサーを
持ってサイティングした時のドッドサイトの位置が
絶妙。あちこちに照準を合わせて遊んでしまいます。
勿論、元々小柄なボディだけに、片手でバリバリ
撃ちまくるのも、有りです。
まあ、とにかく豪快に撃ちまくれます。

マルゼン イングラム M11 サブマシンガン ガスブローバック

実射

サイレンサーを付けたままセミオートで10発
撃ってみました。
以外、と言っては失礼かもしれませんが
なかなかの集弾性です。
ドットサイトを修正してやれば、真ん中にビシビシ
きまりますね。
ちなみに、マウントレイルを装着した状態でも
通常のフロント&リアサイトで照準出来る様に
なっています。


次はセレクターを180度まわしてフルオートに。
KSCの93Rや、グロック18の発射音は
ババババッて言う感じの音。に対してこのM11は
ガガガガガッて感じかな。動作、音、共に力強いです。

サイレンサーを付けていようが、いまいが関係ありません。俺がフルオートじゃーガガガッって感じ。
もう、あっという間に24発撃ち尽くしてしまいます。もう、こいつを止められる者はいません。
そう、とまらないのです。このマルゼンM11は、全弾撃ち尽くしても、トリガーを放すかガスが無くな
らないと、止まらないのです。なんとクレイジー。でも空撃ちして遊べるのでラッキーかも。
フルオートの集弾性は、サイレンサーをしっかり持って撃っているせいか、93Rなどの
ガスブロのマシンピストル達に比べれば、かなりまとまっています。

んー、なかなか満足度の高い銃です。あーフルオート依存病は当分なおりませんな。

5m  2cm刻みの円

マルゼン イングラム M11 サブマシンガン ガスブローバック

フルオート動画(ちょっと重いかも)


2006/6/29