SILVER  36C
モニカ 
韓国 モニカ シルバー 36C コッキングエアガン コッキングエアガン (韓国製)
        パワー的には、10才以上用

固定ホップアップシステム

全長

重量   161g (実測値)

装弾数  10発+リザーブタンク

価格   多分低価格エアガン
無知な私は、グロック36Cと書かれているのを見て
グロック26Cを、シャレで36にしているのかと思いました。
形的には、グロック26に、ソックリですし。
しかし、念のためネットで検索してみると・・・・
グロック36は、45ACPを使う大口径コンパクトグロックでした。
9mm口径グロック26の、45口径版ですな。
実銃の写真も見つけたのですが、このモニカ・グロック36と
マガジンベースの形も似ています。
しかし、なんだか変です。

韓国 モニカ シルバー 36C コッキングエアガン
韓国 モニカ シルバー 36C コッキングエアガン 実銃の写真と、見比べてみると
銃の前半分が、かなりデフォルメされて、短くなっています。
大きさも、KSCのグロック26と比べてみたら
一回り小さいですねー。
グリップを握ってみると、小指は半分掛かる感じで
かなり、コンパクトな銃になっている様です。
まあ、リアリティには欠けるわけですが
なかなか小さくて、かわいいヤツです。

外観は銀色ベッタリな感じですが
バレルとトリガー、それにマガジンキャッチとマガジンベース
は、黒色プラパーツで、良いアクセントになっています。
勿論、ショートリコイルや、チャンバーが沈み込んだり
という、凝ったメカはありません。
韓国 モニカ シルバー 36C コッキングエアガン
韓国 モニカ シルバー 36C コッキングエアガン しかし、安全面はしっかりしています。
実銃でのテイクダウンレバーは、スライド式の
マニュアルセイフティになっていて、
グロック特有のトリガーセイフティも
ちゃんと機能しています。
マガジンは、リザーブタンク付きです。
マガジン背面の蓋を開けて、BB弾をジャラジャラ入れます。
数えてみたら、50発位でしょうか。
もっと入りますが、あまり満杯に入れるのもなんですから
余裕を持たせて、50発です。
韓国 モニカ シルバー 36C コッキングエアガン
韓国 モニカ シルバー 36C コッキングエアガン 写真の様に、マガジンフォロアーを一番下で引っかけて
マガジン前面を下にして、軽く振ると
リザーブタンクからBB弾が、ポロポロと出て来ます。
写真では、5発しか出て来てませんが
装弾数は、10発です。
実射

コッキングの重さは、マルイ10才以上用とと同じか
少し重いくらい。
セレイション(滑り止め溝)が、しっかりあるので
コッキングも、引き易いですね。
弾が入っていると、「ポンッ!」と、こもった発射音が
します。落ち着いた感じで、個人的には、好印象ですね。
とりあえず、0.12gのBB弾で撃ってみると
7mでは、まだまだホップアップの途中といった所で
狙点を多少下に修正しても、的の中心から上目に
着弾します。
集弾性は、少しばらけ気味。
まあ、小さくて銃身も短いので、こんな物でしょうか。
韓国 モニカ シルバー 36C コッキングエアガン
7m  半径2cm刻みの円 0.12gBB弾 10発
なぜか手元に、ウエスタンアームズ製0.22gのBB弾が
あったので、使ってみました。
が、さすがに重かったみたいで、今度は少し上方に
狙点を移しても、下方に着弾しました。
見た目に、弾が山なりに飛んでいきます。
集弾性は、向上してますねー。
しかし的紙は貫通しますが、弱々しく飛んでいくので
やはり、0.12gBBが良い様です。
パワー的には、0.12gのBB弾で、平均初速44.9m/sの
0.11ジュールなのでマルイ製10才以上用より威力は
ありますが、規制値よりは、まだまだ低い数値なので
10才以上の子供達でも、問題無く遊べます。
重量が凄く軽いので、すぐ壊れそうなイメージですが
コッキングしてみると、きしみも無くしっかりした作りで
使い勝手も良いので、結構出来は良いですよ。
韓国 モニカ シルバー 36C コッキングエアガン
7m  半径2cm刻みの円 0.22gBB弾 10発

2009/01/27