S&T VM4 CQB-Rスポーツライン G3電動ガン
 2021/6/1
S&T M4 CQB-R スポーツライン G3電子トリガー 電動ガン
セミ・フルオート電動ガン

可変ホップアップシステム

全長   694mm-775mm(伸長時)

重量   2120g

装弾数  300発

初速   81.45m/s 0.25gBB弾 

価格   21,450円 (税込)
 
S&T M4 CQB-R スポーツライン G3電子トリガー 電動ガン
 アメリカ軍の歩兵用アサルトライフル M16の銃身を20インチから
14.5インチに短くして、ストックを伸縮仕様に変更した銃がM4A1カービンで
さらに、屋内や狭い場所での任務が増えた、アメリカ海軍特殊部隊SEALsの
要請で開発されたのが、M4A1のアッパーレシーバー部分を丸ごと交換して
銃身を10.3インチまでショートバレル化されたCQB-Rです。

CQB-R = Close Quarters Battle Receiver

訳せば、近接戦闘用レシーバーかな。

それを従来のM4A1のフレーム(ロアレシーバー)に乗せて使用します。

なので、この銃は M4 CQB-Rと呼びましょう。
「MK18 MOD 0」かとも思いましたが、これは元々M16A1のフレームに
CQB-Rを乗せた銃の名称ですから、違いますね。


S&T M4 CQB-R スポーツライン G3電子トリガー 電動ガン
 で今回は、香港のエアガンメーカー S&T製CQB-R スポーツラインを
レビューします。
スポーツラインとは、廉価モデルのグレード名を指す言葉ですが
なぜにスポーツラインにしたかと言うと、廉価モデルなのに
今、海外製電動ガンに搭載モデルが増えているらしい
電子トリガーを装備しているから。

電子トリガーといっても高級タイプでは無いので、期待できないかもしれませんが
どんな物か味をきいてみたくて。

外観はアウターバレルとマガジンを除いて、ほぼナイロンファイバーの
樹脂製、ただ艶消し仕上げの質感は雰囲気も良くて
ひと昔前のテカテカ・プラスチック感丸出し的安っぽさは感じません。

刻印類も、セミ・フルオートのセレクター以外は、プリント仕上げなのは
仕方ないですね。

S&T M4 CQB-R スポーツライン G3電子トリガー 電動ガン

廉価モデルなので文句では無いのですが、2つ気になるところがありまして
1つは、アウターバレルはメタル製なのに、先っぽのフラッシュハイダーだけ
プラスチック製なんです。まあ、よくある仕様なのですが。
しかもテカテカが目立つ、プラ感全開もの。

フラッシュハイダーは、14mm逆ネジ仕様なので、別な物があれば
取り替えてみたり、艶を消すだけでも良いかもしれません。

もう1つは、エジェクションポートのカバーが、回りとの色違いが激しいこと。

なぜこんな色に?

S&T M4 CQB-R スポーツライン G3電子トリガー 電動ガン

ハンドガードは、ナイツアーマメント社が開発した、4面レイル一体型の 
R.I.S (レイル インターフェイス システム)タイプで、左右のレイルには
レイルカバーが付属しています。

実銃のR.I.Sはアルミ合金の削り出しですが、この銃は当然ながら
オールプラスチック。
でもレイル部分を含めて剛性感はあるので、大きな衝撃を加えなければ
大丈夫でしょう。

なので、標準装備のフォアグリップをしっかり握りしめて構えても
軋む事はないです。

レイルカバーが不要な場合は、矢印の板状のバネの真ん中を
押せば、ロックが解除されてレイルカバーが前方に引き抜けます。



S&T M4 CQB-R スポーツライン G3電子トリガー 電動ガン

4面レイルには、レイルガイドナンバーが刻印されています。

まあ、色入れは無いので地味ですが、刻印されているだけでも
嬉しいです。
が、銃本体のアッパーレシーバー上部のレイルには
レイルガイドナンバーが無いのは残念です。
ついでに入れてくれれば良かったのに。

S&T M4 CQB-R スポーツライン G3電子トリガー 電動ガン

R.I.Sは通常のハンドガードと同様に、上下に分割して取り外せます。
シルバーのガスチューブも再現されているので、眺めも良いですね。

S&T M4 CQB-R スポーツライン G3電子トリガー 電動ガン

5ポジションのSOPMODストックは、伸長する時等の精度感は無いです。
サイティング時に頬が付けやすい形状のストックで、使い勝手は良いのですが。

バッテリーはストックのバットプレートとカバーパーツを外して
ストックチューブ内のコネクターに繋ぎます。

繋いだバッテリーは、ストックチューブに入れば、そこに挿入します。
セパレートタイプ等で、入らない場合はストックチューブの両側のスペースに
分けて挿入します。
その場合は配線を綺麗に収納しておかないと、カバーパーツをはめる時に
邪魔になります。
ストックを縮める時にも、抵抗を感じたら無理に収納しないで下さい。
配線を挟みこんでいる場合がありますので、最悪断線とか
ショートを引き起こします。

S&T M4 CQB-R スポーツライン G3電子トリガー 電動ガン

脱着可能な折り畳み式のリアサイトは、写真の様に後部の引っ掛かりを
外してやると跳ね上がります。

リアサイトの左右の狙点調節は右側のダイヤルを回して行います。
回し心地はクリック感があって良いのですが、固いです。
ビープホールも2種類あって、精密射撃や近接戦闘用と使い分けが
出来るようになっている、ちゃんとしたサイトですが
この銃の場合、特殊部隊っぽく光学系サイトを装着するのが定番なので
あまり出番がないかな。

 
S&T M4 CQB-R スポーツライン G3電子トリガー 電動ガン

カスタムされたチャージングハンドルを引くと、エジェクションポートの
ボルトカバーが少し後退して、オレンジ色のホップダイヤルが
顔を出します。

細かい事ですが、チャージングハンドルを操作する度に
矢印の部分、これチャージングハンドルの先端部分だと思うのですが
何故かオレンジ色で目立つ物が、ひょこひょこ動くのがきになる~。
せめて目立たない色にして欲しかった。


S&T M4 CQB-R スポーツライン G3電子トリガー 電動ガン

ゼンマイ式のスチール製多弾マガジンの装弾数は300発。
マガジン上部のフタを開けて、BB弾をジャラジャラ流し込めばオーケー。


 実射

「磁気センサー方式によるギア制御システム」と商品説明があったのですが
そのせいかセミオートでは、トリガーを引いて通電してからの
レスポンスが良く感じる。

ただ、このレスポンスの良さが元気なモーターのお陰なのか
毎回ギアを適正な位置で止めてくれる電子トリガーのお陰なのか
あるいは相乗効果でなのか、良く分かりません。

8.4Vニッケル水素バッテリーでのフルオートは、毎秒13~14発と
十分に早い回転スピードなので、電子トリガー無しの仕様でも
セミオートは結構シャキシャキ撃てそうですからね。

まあ兎に角、気持ち良く撃てる事に変わりはないですが。

トリガープルは、良くも悪くも何の感触も無く、すっと引けて
多分セミオートで連射するには、丁度いい引き加減の位置で
ギアが動きだします。

作動音は、ちょっと高めの音で賑やかですが
セミでもフルオートでも、リズミカルに撃てて
撃ち心地は良いです。

フルオートでもマガジンからの給弾は順調で、作動は何の問題もないです。
弾道も安定して飛んでいきますし、勿論弾ポロとか
ばらけた飛び方もしません。
それどころか集弾性が、すこぶる良いじゃあありませんか。

実売価格だと安く購入出来て、重すぎず性能も良い。
サバゲー入門用とかにピッタリじゃあないですか?

今の海外製エアガンは、手を加えなくてもちゃんと飛ぶし
S&T製なら180日の製品保証も付いてますから
随分と購入するハードルは下がってきてますよねえ。

S&T M4 CQB-R スポーツライン G3電子トリガー 電動ガン
 S&T M4 CQB-R スポーツライン G3電子トリガー 電動ガン
 距離 12m 2cm刻みの円 0.25gBB弾 10発
 
関連レビュー

S&T製電動ガン
ARX160 スポーツライン
シテス スペクトラ





楽天市場でみる 





Yahoo!ショッピングでみる



トップページ
 エアガン

\|トップページ|