タナカ
グロック 17
タナカ グロック 17 ブローバックガスガン ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   201.5mm

重量   730g

装弾数  24発

価格   18,500円 (税込み)(不確か)
ブローバックガスガンのグロックと言えば、KSC製で
しょうか。バリエーションも豊富で、私も結構好きですが
やはり、他メーカーのグロックも気になります。
で、タナカ製グロック17が有ったりするのですが
タナカのホームページを見ても、製品に関する
詳細というかデータ的な物は、は得られないし
今も作られているか全く不明。
ホームページのカタログページは、しっかり作って
頂きたいものです、タナカさん。


ただ、取扱説明書の片隅に"1999・5"とありました。
なので、もう作ってないでしょうねー、たぶん。

タナカ グロック 17 ブローバックガスガン
タナカ グロック 17 ブローバックガスガン で、取り合えずKSC製グロック17と比べてみました。
が、KSCグロック17が初期バージョンで
フレームは、テカテカ。(グロック17は、これしかなくて)
タナカ製のフレームの艶は、KSCの現行モデルとほぼ同じ。
スライドも、KSCと同じ様な少しザラッとした感触。
なので、質感はKSCとそっくりな印象。
刻印類は、よりリアルなKSC初期モデルと、ほぼ同じ。
ただ、右側グリップ上部の刻印は、正直に
"MADE IN JAPAN MFG TANAKA WORKS TOKYO"と
入ってます。
左がKSC初期モデル、右がタナカ製
外観は似通った感じの多い二丁ですが
その操作感は、全く異なった物でした。
タナカの方がスプリングの力が強く、スライドを引くのも
重いし、戻りも早い。
そのときの操作音も、きひきびとした感じで気持ちが良い。
KSCは、タナカに比べるとプラスチックぽい軽い音がする。
スライド操作に関しては、タナカに軍配が上がります。
タナカ グロック 17 ブローバックガスガン
左がKSC初期モデル、右がタナカ製
タナカ グロック 17 ブローバックガスガン どちらも、通常分解はスムーズに出来ます。
KSCのインナーバレルは、アウターバレルアウターバレルに
ピンなどで固定されていないので、スルッと抜けます。
そのインナーバレルは、目立たない様な色にされています。
左がKSC初期モデル、右がタナカ製
タナカのスライド内側には、両側で2枚の金属プレートを
装着出来るようになっていて、これを付けると、
重く手応えのあるリコイルショクを楽しめます。
逆に軽快で素早いブローバックを楽しみたい方は
プレートを外して使えばいいわけです。
タナカ グロック 17 ブローバックガスガン
タナカ グロック 17 ブローバックガスガン ホップアップ調節は、チャンバー裏側から
六角レンチを使って行います。
ちょっとめんどくさいですなー。
マガジンはマガジンリップまで金属製。
マガジンフォロアーは、KSCの様なロック構造は
ありません。
KSCのマガジンベースは、リアル感をだすため
ガス注入用の穴があいておらず
ガス注入時は、マガジンベースをスライドさせて
行います。(または、マガジンベースに穴を開けます)
タナカ製も同じ様な仕組みにしていますが
マガジンベースをロックするための穴が
デカデカと開いているので、あまり
リアルじゃあないかも。
タナカ グロック 17 ブローバックガスガン
タナカ グロック 17 ブローバックガスガン KSCやマルイと同じ様に、タナカ製グロック17も
アンダーマウントレイルを装備。
現代戦では、マウントレイルは必須アイテムですから。
レイル部分は、KSCより角がなめらかな感じ。
KSC製は、トリガーにマニュアルセイフティ機能を
持たせていますが
タナカ製は、トリガー上部に小さなレバーを設置しています。
写真の様にグリップ側で、ロック状態です。
タナカ グロック 17 ブローバックガスガン
タナカ グロック 17 ブローバックガスガン 実射

タナカグロック17のブローバックは、重くて撃ち応えが
あります。この辺りは、軽快な撃ち心地のKSC製とは
対照的ですね。両方を撃ち比べていると
KSCグロック17のブローバックが、物足りなく感じて
しまいます。
集弾性もなかなか良くて、まとまっていますねー。
ちなみに、0.25gBB弾でのパワーは
69m/sで0.59ジュールでした。
7m 半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 10発

2009/4/16