ブローニング ハイパワー
タナカ
カナディアン

2009/4/20

タナカ ブローニング ハイパワーMk1 カナディアン ブローバックガスガン

可変ホップアップシステム

全長   195mm

重量   175g (実測値)

装弾数  20発

価格   21,000円 (税込み)
実銃ブローニングハイパワーは、ベルギーのファブリック
ナショナル社で作られていましたが、第二次世界大戦で
ドイツに占領された時、ファブリック・ナショナル社の
技術者がカナダに渡り、ジョン・イングリス社で
ハイパワーを製造しました。
これが、カナディアン・モデルです。
タナカ ブローニング ハイパワーMk1 カナディアン
タナカ ブローニング ハイパワーMk1 カナディアン なので、このタナカ製カナディアンにもスライドに
イングリス社の刻印が、入っています。
グリップ前部には、カナダ国旗のメープルリーフを
英語、ロシア語、中国語で"カナダ"と書かれた文字で
囲んだマークが、刻印されています。
タナカ ブローニング ハイパワーMk1 カナディアン
タナカ ブローニング ハイパワーMk1 カナディアン グリップ底部には、ランヤードリングや、ストックを
取付ける溝があります。
また実銃と同様に、マガジンを抜いていると
トリガーを引いてもハンマーが落ちない
マガジンセイフティも再現されています。
一体形成のマガジンは、マガジンフォロアーの溝が
側面にあるタイプで、ダブルカラム(複列弾倉)の
装弾数20発。
唯一の欠点は、横からしか見えないので、BB弾が綺麗な
ジグザグに並んで装てんされているか、分かり難いところ。
タナカ ブローニング ハイパワーMk1 カナディアン
タナカ ブローニング ハイパワーMk1 カナディアン
ここで、あらためて外観を見てみると
さすがにABSモデルだと、質感はイマイチ。
プラスチック感が強いです。
やはり仕上りにこだわるなら、ヘビーウエイトモデルを
探すしかない様ですなー。
フレームのパーティングライン(貼り合わせ痕)は
綺麗に処理されていますが、なぜか
トリガーガードの内側は、未処理でした。
ついでに綺麗にしてくれれば良いのに。
通常分解は、マガジンを外してから
スライドストップとスライドストップノッチが合わさる
ところまでスライドを後退させるとスライドストップレバーが
手前に抜けます。
その時、レバーを抜きやすい様に、スライドの
反対側は、半円状の凹みがあります。
タナカ ブローニング ハイパワーMk1 カナディアン
タナカ ブローニング ハイパワーMk1 カナディアン ホップアップの調節は、フレームからスライドを
外した状態で、チャンバー底部に六角レンチを
差し込んで行います。
実射

スライドの操作感は、プラスチックぽいですねー。
例のマガジンセイフティの特殊構造のためか
トリガープルが重いです。
最後にグッと力を入れると、ハンマーが落ちる感じ。
なので、私とフィーリング的に合わず
集弾性も悪いかなー?と思いきや、そこそこ良い結果が
出てます。
ブローバックは、良く言えば小気味良い、悪く言えば
少し手応えが無い感じ。
ハイパワーの名前の由来となった多弾数マガジンの
影響で、グリップは厚いですが、意外と持ちやすく
外観もスマートで好きなんですが
フィーリング的に、もう少しと言ったところです。
タナカ ブローニング ハイパワーMk1 カナディアン
7m 半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 10発