エアガン
国内メーカーあれこれ
マルゼン

1980年代のパワー任せなサバイバルゲーム時代には、他メーカーに
負けず劣らず、強力なエアガンのラインナップも豊富みたいでしたが
現在は、随分とモデルも集約されました。

カテゴリー別に見れば、精密射撃用のAPSシリーズ、そして
ドイツ ワルサー社との提携の下、図面提供を受けて作られている
ブローバックハンドガンのワルサーシリーズ。
ブローバック・ガスハンドガンはワルサーシリーズだけになって
しまいましたねー。

あとブローバック・ガスタイプのサブマシンガンが3種。
ショットガンシリーズは、ガスタイプはリアルなライブシェル方式。
ポンプアクションとブローバックの2種類があります。

コッキングエアタイプのショットガンシリーズもあります。



マルゼンで発売されている
エアガン・カテゴリー


18才以上用


精密射撃用コッキングエア・ハンドガン APS-1

日本近代五種・バイアスロン連合 公式認定競技銃



精密射撃用コッキングエア・ハンドガン APS-3
日本近代五種・バイアスロン連合 公式認定競技銃



ボルトアクション精密射撃エアライフル APS-2

日本近代五種・バイアスロン連合 公式認定競技銃
ホップアップを搭載しない、オリジナル・モデルと
固定ホップアップシステムのスナイパーバージョンがある




ボルトアクション精密射撃エアライフル APS SR-2

日本近代五種・バイアスロン連合 公式認定競技銃
APSシリーズのエントリーモデルですが、デザインは完全オリジナル。
手軽にAPSクオリティを体験出きる価格設定。
ノンホップと可変ホップモデルがある。





ボルトアクション精密射撃エアライフル APS type96

日本近代五種・バイアスロン連合 公式認定競技銃
実銃のL96タイプのボルトアクション・エアライフル
これは可変ホップアップモデルのみの設定。



ブローバック・ガスハンドガン-ワルサーシリーズ

全般的に元気な作動と、重いリコイルショックが特徴。



ワルサーP38デタッチャブルのレビーページはこちら

ブローバック・ガスサブマシンガン

ハンドガンタイプと同じく、ブローバックの作動は良いですが
フルオート時のマガジンの冷えには弱い印象。
しかもサブマシンガンなので、元々マガジンが細くて
小さいので、余計にガスの気化が間に合わなくなり
作動が不安定になり易いですね。

しかしイングラムM11は、KSC製M11システム7が登場するまでは
国内で一番元気なブローバック作動をするM11でした。



Vz61スコーピオンのレビューページはこちら

ポンプアクション・ショットガン

誰もが憧れるライブシェルのポンプアクシッョン。
映画のワンシーンで見たものと同じアクションを楽しめます。
ただし、ガスガンなので発射音は「パスッ!!」と情けない音。




M870のレビューページはこちら

ブローバック・ガスショットガン

豪快なブローバックで迫力満点のショットガン。
まあ、たまにジャムるのはご愛嬌




M1100リヴィジョンのレビューページはこちら

コッキングエア・ショットガン


ショットガンと言うよりは、ポンプアクションタイプの
ライフルなモデル。




トップページ