東京マルイ

国内最大のエアガンメーカーで、国産電動ガンではほぼ独壇場状態。

コッキングエアガンから次世代電動ガンまで、豊富なラインアップを誇り
「サバイバルゲーマー御用達」と言われるほど、どの機種を選んでも実射性能が高く
安定しています。

その反面、ある程度外観のリアリティを求められるブローバックガスガン等では
もう少し質感を上げて欲しい部分もあります。
しかし、質感の良い他社のブローバックガスガンよりは、比較的安い価格なので
質感が上がって、価格も上がってしまうのも考えものです。

またウエスタンアームズやKSC製ブローバックガスガンの一部モデルでは
スライドやフレーム等の主要部品に、使われている
重量や質感を増す高比重プラスチック(ヘビーウエイト)
を使わないのも、安くて高性能なエアガンを提供しようという拘りでしょうか?
(プラスチックの強度の問題かもしれませんが)

逆にライフル系電動ガンの中には、金属パーツを多用したりリコイル発生装置を
搭載した物などもあり、リアリティの追求に余念がありません。
(その分、プラスチックパーツが多いスタンダードタイプより価格が跳ね上がりますが)

10才以上用エアガンもコッキングガンは勿論、ミニ電動ガン・電動ブローバックエアガン
電動ガンBOYsシリーズと、種類が多いのも特徴ですね。
新しいカテゴリーの電動ガンも加わりますし、10才以上用エアガンも活気がありますね。


東京マルイで発売されているエアガン・カテゴリー

10才以上用
 

ニュー銀ダンエアガン

昔の銀玉鉄砲の様に、トリガーを引くだけで弾が発射されるので
トリガーをひく操作を繰り返せば、連続して撃つ事が出来ます。

威力は弱いですが、マルイお得意のホップアップで驚くほどの飛びと命中精度です。
まあ、正確には銀玉鉄砲はエアガンでは無いですが、これはエアガンです。

エア-ハンドガン

手動でスライドを引き、空気を圧縮して発射するコッキングエアガンですが
10才以上用なので、子供でも比較的楽に引けると思います。
ラインナップも豊富で、選びがいがあります。
ハイグレードタイプが、マガジンもフルサイズでお勧めです。

エアーライフル&サブマシンガン

18才以上用よりは種類が減っていますが、それでも
コンパクト・サブマシンガンからカービン銃まで選べます。

ガスブローバック Rシリーズ

パワー的には10才以上用ですが、ガスを取り扱うという事で、14才以上推奨と
なっているブローバックタイプのガスガン。
18才以上用と同じブローバック・アクションが楽しめるのは凄い。



              レビュー----ハイキャパ5.1R----

ミニ電動ガン

実銃から小さく、可愛くデフォルメされたスタイルのミニ電動ガン。
フルオートのみで、威力も10才以上用電動ガンの中では最弱ですが
友達とワイワイ撃ち合うには手頃な威力です。


    
           レビュー----UZI & AK47----

電動ブローバック・フルオート

フルオートの連射サイクルは遅いですが、軽快感はあります。
実銃では、セミオートのみの物もフルオート化されています。



               レビュー----HK P30----

電動ブローバック

スライドのブローバックは完全なギミックですが、電動ガンを撃った時の
味気なさが、いくぶん緩和されて面白い。
スライドの動きは遅いですが、動かないよりは断然楽しいですね。
装弾数が多ければ、なお良いのですが。



              レビュー----センチメーターマスター----

電動ガン BOYs

子供の体型に合わせて、実銃の8割程度のサイズに縮小されていますが
飛距離、連射スピード、集弾性等、10才以上用エアガンの最高峰と
言えます。




               レビュー‐‐‐‐スカーL・CQC----

電動ガン LIGHT PRO


電動ガン BOYsの実銃サイズ(1/1スケール)バージョンが
LIGHT PROシリーズ。
これでBOYsシリーズでは、そのままでは装着出来なかった
光学機器やフラッシュライトが使えます。
また電池が無くても、手動でコッキングして撃つ事が出きる
システムも搭載しています。

  


           レビュー‐‐‐‐M4 CQB


18才以上用

コッキングエアーハンドガン

手動でスライドを引き、空気を圧縮して発射するコッキングエアガンですが
18才以上用となると威力が増す分、コッキングも重くなるので
スライドの引き易さ(形状的に)も選択肢の中に入れた方がいいかも。

ラインナップは豊富で、選びがいは あります。
ハイグレードタイプが、マガジンもフルサイズでお勧めです。


コッキングエアーライフル&サブマシンガン

コンパクト・サブマシンガンからアサルトライフルまで種類も
豊富で、同クラスの外国製格安エアガンと比べると
断然剛性感高いです。

コッキングエアーショットガン

独自の3発発射構造を持つショットガン。3発それぞれが独立した構造で
3丁のエアガンがくっ付いた様な物。なので安定した実射性能を見せますが
その分、コッキングは重め。



              レビュー----スパス12----

ボルトアクションエアーライフル

集弾性は、さすがマルイ製と言わしめる素晴らしさ。
もう少し色々な種類が増えてくれたら嬉しいのですが。


ガスリボルバー

カートレスタイプのリボルバーガスガン。独自のシステムで装弾数24発を
誇る。他メーカーに比べて集弾性も良いです。



               レビュー----コルト・パイソンSS----

固定スライドガスガン

Mk23ソーコム以外は廉価版なので、ブローバック・ガスガンほどの
質感はありませんが、その分安く手にする事が出来ます。



               レビュー----センチメーターマスター(ホップアップ)----

フルオート・ブローバックガスガン
夏場にロングマガジンを装着してのフルオートは圧巻。
リアルなスライド作動なら、グロックを選択。




               レビュー----グロック18C----
ブローバックガスガン

実射性能重視で、質感は二の次でしたが、最近だんだんと変わってきました。
ヘビーウエイト樹脂を使わない拘りが、高速で弾ける様なリコイルショックを
生んでいます。ただモデルによって、強さにバラツキがありますが。
実射性能的には、どれを選んでも失敗は無いでしょう。



               レビュー----M9A1----

ガスブローバックマシンガン

以外とガスガンはハンドガンタイプしか無かったですが、やっと登場してきました。



               レビュー----MP7A1----

電動 ハンドガン

外観はブローバックガスガンと同等のリアルさですが、中身はモーターやらバッテリー等の
パーツで一杯。よくもこんな狭い空間に電動ガンのシステムを詰め込んだと感心。
アダプター装着で光学機器やサイレンサー等システムアップが容易なのも魅力。
威力は、同じマルイ製ブローバックガスガンより少し弱い。



               レビュー----H&K USP----

電動コンパクトマシンガン

スタンダード電動ガンより小型のメカBOXを搭載していて、バッテリーも
シリーズ専用の物を使用します。



               レビュー----MP7 A1----

電動ガン・ハイサイクル

スタンダードタイプのフルオート発射サイクル、毎秒約15発程度を
毎秒25発に高められた電動ガン。
今まではエアガンショップがカスタムで作っていましたが
とうとうメーカーが作っちゃいました。

電動ガン・スタンダードタイプ

種類も豊富で目移りしてしまいそう。
発売が新しい方が作りが確りしている印象で、金属パーツが
多用されて外装もリアルな物もありますが
例えばサバイバルゲームの入門用にと考えれば、多少設計が古くても
軽量コンパクトで扱いやすく、価格も手頃なMP5A5なんて選択肢も。

次世代電動ガン

弾の発射に合わせて、リコイルショックを発生させる、シュート&リコイルエンジン搭載。
心地よい撃ち心地を体感できます。



               
レビュー----M4A1ソーコムカービン----




トップページ
エアガン
国内メーカーあれこれ