wa ウエスタンアームズ コルト ガバメント m1911A1 ミリタリー モデル ブローバックガスガン

固定ホップアップシステム

全長   216mm

重量   870g

装弾数  21発

価格   25,000円 (税込み)
コルト・ガバメントほど有名な銃は、無いでしょうね。
M1911は、1911年に米軍に正式採用され、
十数年後に、一部改良されて M1911A1となりました。
いやー、今に続くタクティカルガバの原点が
ここに有る、って感じですか。
ミリタリーモデルなので、グリップのメダリオンも
有りませんが、これだけで良く言えば、渋い
悪く言えば、地味な雰囲気をかもし出しています。
wa ウエスタンアームズ コルト ガバメント m1911A1 ミリタリー モデル
wa ウエスタンアームズ コルト ガバメント m1911A1 ミリタリー モデル 同じウエスタンアームズ製ガバメントでも
コマーシャルモデルの「シリーズ 70・カーボンブラック」は、
全体にブラスト処理を施した後、スライド側面が
ポリッシュ仕上げにされていて、多少明るいイメージですが
ミリタリーモデルは、ブラスト処理のみなので
やはり、地味〜に渋〜い感じです。
これぞ、ガバメントのトリガーなんですが
最近は、MEUピストルなどのスリーホールタイプトリガーに
染まっている私は、妙に懐かしい感覚です。
トリガーが、奥まっていると言うか、前方にあまり出て
いないので、グイッていう感覚のトリガープルになります。
勿論、ストローク自体は、短いですがね。

トリガーの指が当たる面は、ミリタリーモデルの特徴で
あります、チェカリング処理が施されています。
wa ウエスタンアームズ コルト ガバメント m1911A1 ミリタリー モデル
wa ウエスタンアームズ コルト ガバメント m1911A1 ミリタリー モデル フレームのパーティングライン(貼り合わせ痕)は、完璧に
処理されていますが、トリガーガード内側は、
粗く削り取った痕跡のままです。
まさか、仕上げ処理を忘れたって訳でも、ないでしょうが・・・。
なんで、ここだけ雑なの ? って感じです。
サムセイフティを掛けてみた所。
精度の高い作り込みが、好印象です。

因みに、サムセイフティは、ハンマーが完全に起きた
状態でないと、掛けられません。
ハンマーが、ハーフコックの位置や、落ちている時には
いくら頑張っても、動きません。
wa ウエスタンアームズ コルト ガバメント m1911A1 ミリタリー モデル
wa ウエスタンアームズ コルト ガバメント m1911A1 ミリタリー モデル マガジンは、この薄さで装弾数21発の多弾数化と
強烈なリコイルショックのマグナブローバックを実現
しているので、いつもながら感心してしまいます。
ライフリングも再現されている銃口周りは、やはり
迫力満点ですねー。
カーボンブラックのリアルな質感と、モデルガン並みの
クオリティの高い作り込みで、眺めているだけでも
満足感高いです。
wa ウエスタンアームズ コルト ガバメント m1911A1 ミリタリー モデル

wa ウエスタンアームズ コルト ガバメント m1911A1 ミリタリー モデル

通常分解は、スライドストップレバーを
手前に抜き取るのが、やたら固くて困るくらいで
後は問題なし。
固定ホップなので、滅多に分解する事もないですが。
スライドストップノッチには、スライドストップレバーによる
削れ、変形を防止する、メタルプレートが
埋め込まれています。
これで躊躇する事なく、全弾撃ちつくして
スライドオープンに出来るってもんです。
wa ウエスタンアームズ コルト ガバメント m1911A1 ミリタリー モデル
wa ウエスタンアームズ コルト ガバメント m1911A1 ミリタリー モデル 実射

初弾装てんのスライド操作感やガツンとくる
リコイルショック、ブローバックスピード等
トータルで見ても、ガバ系オートマチックピストルで
ウエスタンアームズを凌ぐ国内メーカーは、
無いでしょう。
S.C.Wハイスペック・バージョン3のブローバックは
ちょっと病みつきになるほど、凄いです。

最近のウエスタンアームズの固定ホップアップは
集弾性も良く安定しています。
どの銃を買っても、ハイレベルで纏まっているので
安心感がありますねー。
7m 半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 10発
トップベージ

2009/6/22

ウエスタンアームズ
コルト・ガバメント M1911A1
ミリタリーモデル・カーボンブラック