プロキラー
マークU 3.9
ウエスタンアームズ
ウエスタンアームズ プロキラー F3.9 マシンピストル ブローバックガスガン ブローバックガスガン (セミ/フル)

可変ホップアップシステム


全長   222.5mm

重量   955g

装弾数  30発

価格   23,940円  (税込み)
このプロキラーF3.9が、発売されたのは2001年位で
しょうか?
私がガンマニアに復帰した2005年秋には、
プロキラーの存在自体が、すでに伝説と化し
入手が困難と言う事もあって、長く憧れの銃でした。
特にプロキラーF5は、ヘビーウエイトのスライドによる
フルオートが凄いらしいと聞いていたので、撃ってみたくて
しかたが、ありませんでした。
と、言う事で、本命のF5の前に、順番的にF3.9のレビュー
です。
ウエスタンアームズ プロキラー F3.9 マシンピストル ブローバックガスガン
ウエスタンアームズ プロキラー F3.9 マシンピストル ブローバックガスガン プロキラーは、実銃には存在しない架空の銃ですが
形的には、マシンピストル化されたインフィニティです。
プロキラーと言う凄い名前だけあって、外観は真っ黒で
ビーバーテイルやグリップセイフティもありません。
F3.9なんですが、スラリと伸びたシャーシの先端に
マズルブロックが固定されていて、全長はF5と同じです。
このマズルブロックは、別売でレイル付きもあったそうな。
アンダーマウントレイルもありますから、その気になれば
何でも付けれそうな感じです。
F3.9の初期ロットは、ストレートブローバックでしたが
イマイチだったらしく、すぐにショートリコイル化されて
Ver.2になりました。
初期ロットは、分かりませんが、このVer.2のフルオートは
とてもスムーズで快調です。
スライドがABSで軽いので、リコイルショックは予想より
ずい分弱い(マグナブローバックに期待し過ぎ?)ですが、
ブローバックの回転スピードが早くて、爽快感があります。
ウエスタンアームズ プロキラー F3.9 マシンピストル ブローバックガスガン
ウエスタンアームズ プロキラー F3.9 マシンピストル ブローバックガスガン ウエスタンアームズ プロキラー F3.9 マシンピストル ブローバックガスガン
セミ/フルのセレクターは、銃右側の通常セイフティが
ある場所にあります。Sでセミオート、Fでフルオートです。
右側にあるので、使い勝手がイマイチという気もしますが
グロックの様にスライドにセレクターを付けれないとなると
この場所しか、なかったんでしょうなー。
ウエスタンアームズ プロキラー F3.9 マシンピストル ブローバックガスガン
リアサイトは、ホワイトドット付きノバックタイプで
使い易いです。
スライドストップレバーは、ロングタイプなので
銃を持った手でも、楽にスライドをリリースできます。
しかし、スライドストップノッチの変形は、ドンドン進んで
いきます。
フルオートだと、結局全弾撃ち尽くしてスライドストップを
かける回数が増えるので、仕方ない事ですが
ノッチが削れていくのを、見るのが辛いです。
ちなみに、ノッチ削れ対策に一番積極的なのは、マルイ
でしょう。最近のモデルには、すべて対策が施されています。
ウエスタンアームズも、極最近になって、
スライドストップレバーが当たる部分に金属パーツを
埋め込んで削れを防止するモデルが出ています。
個人的に、全メーカー全モデルに義務化して欲しい部分です。
実射

古いモデルと言うだけで、勝手に期待しないという
悪いくせがあるのですが
いやー、ビシバシきまってます。
ブローバックスピードも早いので、撃っていても
気持ちよさがあります。
ウエスタンアームズのインフィニティですから
剛性感があって、フルオート作動にも、余裕が
感じられますねー。
マシンピストル好きの私としては、是非復活して
頂きたい。そんな銃です。
7m  半径2cm刻みの円 0.2gBB弾 10発
フルオートのスピードを、プロキラーF5とKSC G18Cとで
比べてみました。すべて、BB弾は、20発装填です。
回転スピードは、G18とほぼ同じですね。


   フルオート動画 →→→

2008/10/18