トップページ

SVI-Tikiハイキャバシティ
ブローバックガスガン

固定ホップアップシステム

全長   187mm

重量   1,030g

装弾数  33発

価格   47,250円 (税込み)
SVI-Tikiハイキャバシティ
インフィニティ・ファイアーアームズ(旧ストレイヤー・ボイト)のインフィニティ・シリーズは
スラテドもフレームもゴツゴツして大きく、ハイキャパ・マガジンでグリップも太い
と言うイメージでした。
で、どちらかと言うとコンパクト系が好きな私は、あまり手を出していなかったのですが
ブローバックガスガンとして、とっても魅力的なことがあるのです。
それはウエスタンアームズのマグナブローバックの中で、最大級のリコイルショックを
味わえ連射時の安定性も抜群な事。
ガバメント系のマグナブローバックは、どれも同じ様なブローバックだろうと
思っていた私には、衝撃的でしたねー。
これは、ハイキャパ・マガジンの成せる業で、インフィニティ以外でも
パラオーディナンス/P15・45等パイキャパ・マガジン仕様なら、同じ様にワンランク上の
リコイルショックを体感出来ます。
SVI-Tikiハイキャバシティ
そんなインフィニティ・シリーズにもコンパクトタイプが存在しました。
「ティキ」ですねー。
最初は、ウエスタンアームズからシングルカラムマガジン(単列弾倉)タイプが発売に
なりましたが、どんどんバリエーションがふえていって、今回のハイキャパ・マガジンに
ハイブリッド・バレルなんて言うのも出ちゃいました。
この短いスライドにフルサイズのハイキャパ・マガジンの組み合わせは
ちょっとアンバランスな感じで悩みました。コンパクトの様でコンパクトで無い様な〜?
でも結局、パイキャパ・マガジンの魅力を知っている私は、誘惑に負けました。
実銃でも存在する組み合わせだし。


ティキの特徴は、IIOS(インフィニティ・インテグラル・オプティック・スライド
)を採用
している事。何って感じですが、簡単に言えばスライドからフロント・リアサイトを
出っ張らせないサイティングシステムですな。
スライド上面を見ると真ん中に、後ろから前まで一本溝が通ってます。
その溝の後端部両端にサイトドットがあります。そのまた両端に溝が通っていて
溝の先端付近(普通はフロントサイトがある辺り)にサイトドットがあります。
SVI-Tikiハイキャバシティ
なかなか説明するのも難しいですが、フロントとリアのドットが綺麗に
横一列にそろって見えれば、狙いが定まっているぞ、と言う事ですな。
実銃では、サイトドットにトリチウムが埋め込まれていますが
ウエスタンアームズでは、蓄光塗料ルミノーバを塗付したインサートが
入っています。
まあ、そんなに光り輝くって物でも無いですが、暗い場所でティキを使うまえには
ライト等でドットに光を当てておけば、お役に立つ事間違いなしですな。
SVI-Tikiハイキャバシティ
ハンマーは、インフィニティらしいスクエアハンマー。
サムセイフティは、ワイドなアンビ(両側)タイプ。

SVI-Tikiハイキャバシティ
スライド右側面には、手書き文字の「Tiki」の刻印が。んーリアル。
金属製シャーシは、仕上げが少し荒い部分もありますが
それは、それで金属っぽくていいかも?
SVI-Tikiハイキャバシティ
バレルは、バレル上部にガスポートが開けられたハイブリットバレル。
スライドも、それに合わせてUの字にカットされています。
この辺りは、手間隙かけて加工されてるなーと感じる部分ですねー。
バレルはダイキャストの一体型。写真に撮ると黄色っぽいですが
実際は、もっと銅色で地味な色なんです。撮影技術の未熟さを反省です。
というか、何度も撮りなおしして試さない、ズボラな性格に反省ですな。
SVI-Tikiハイキャバシティ
トリガーは、溝が無いツルンとしたタイプ。んーなんだか新鮮。
SVI-Tikiハイキャバシティ
マガジンはパラオーディナンス用よりも長いフルサイズ。
装弾数も33発と、ガス容量ともにハイキャパシティの名前どおり。
その代わりにグリップは太く、手の小さい方や
私の様な指の短い方は、その太さを実感してしまいます。
ただ、デザートイーグルの様な、縦長なグリップの持ち難さとは違って
それほど違和感は、ないですけどね。
SVI-Tikiハイキャバシティ
通常分解ですが、スライドストップを引き抜いて、フレームからスライドを
外すところまでは良かったのですが、リコイルスプリングガイドをスライドから
外せなくて、すなわちバレルが外せません。
んーまだまだ素人な俺を実感。で、早速ウエスタンアームズにメールで
問い合わせると、迅速に詳しい回答を頂きました。しかも解説画像付き。
ウエスタンアームズさん、有難うございます。

方法は2つあって、一つは長くて外せないリコイルスプリングガイド(写真だと
スプリングの下に写っている棒)を分割する方法。
メジ止めなので、片方を回せば外れるのですが・・・・・固くて無理でした・・・・
もう一つは、スライド先端の下に付いているプラグ(写真だとスプリングに付いている
筒状の物)を内側に外すと、リコイルスプリングガイドの傾きの自由度が増して
外せます。これは簡単でした。知っていれば全くスムーズに出来る通常分解でした。
実射

元々は、サイトの出っ張りまで無くしたコンシールド・キャリー(隠し持つ)的な銃で
劇場版「マイアミ・バイス」にも登場してましたが
これに、ごついグリップが付くと、また違った性格の物になりました。
期待していたブローバックですが、思っていた程「ガツン」としたリコイルショックでは
ありませんでした。
5インチや6インチのスライドに比べると軽いせいでしょうか?
まあ、それでもビシビシと元気な作動で、満足できるブローバックです。
弾の飛びも安定しています。
後は、斬新なサイトに慣れるだけ。


SVI-Tikiハイキャバシティ
7m 半径2cm刻みの円 0.25gBB弾 10発
SVI-Tiki
ウエスタンアームズ
ハイキャパシティ
SVI-Tikiハイキャバシティ
トップページ

2010/12/24